子供の将来を考えて中高一貫校にいれようとする親御さんも多いです。
そのためには中学受験用の塾にはいって勉強をしていくことになりますがそれは、簡単なことではないです。
中学受験のための試験は難易度が高いということと、範囲も広範囲にわたっているためにずっと勉強していかなくてはならないからです。
そして小学6年生にもなると志望校を選ぶ時期にはいります。
中学高校というのは、思春期の子供にとって大きい影響を与えることになるので志望校の選び方は慎重にして、失敗しないようにしたいものです。
ではどのような選び方をしたら失敗しないかといえば、学校の教育方針や、環境、通学の仕方などをしっかりとみていくということです。
のんびりとしたおこさんの場合、あまりにも厳しすぎる学校にいれてしまうと、委縮してしまったり、適用できないケースがあります。
また、大学まで進学できる中高一貫を希望するならそういう中学受験を考えていかないと、あとで後悔することになります。
ただ、偏差値がわが子の実力に近いからと、安易に学校を選んでしまうと、自分の子の性格と学校の雰囲気があわないということになりかねません。
ですから何度も説明会にいったり文化祭にいって、子供に選ばせるのも必要です。
中学受験に特化した塾は基本的に私立中学の情報を持っています。
説明会や文化祭では得られない情報を入手することも出来るので塾に通っている方は情報収集の場として利用しましょう。
私立中学の情報を多く持っている進学塾を探すことができるサイトを紹介します。
中学受験情報局『かしこい塾の使い方』
子供に合った塾を見つけることも可能なのではじめて中学受験に取り組む方におすすめです。